http://www.umwelt-trends.info/wp-content/uploads/2017/03/f22da11eb9771d67f109408a52672208_m.jpg
結婚指輪
http://www.umwelt-trends.info/wp-content/uploads/2016/12/cropped-365d89ad2ef399613f73f3eafb204b5e_m-1.jpg
結婚指輪
http://www.umwelt-trends.info/wp-content/uploads/2016/12/0a54d0f575aa1d26ab656ef0de1e3fa3_m.jpg
結婚指輪

宝石を選んでみる

婚約指輪を選ぶときにまず思い浮かぶのが、ダイヤモンドリングですよね。シンプルなプラチナ台の立て爪を左の薬指にはめていれば、婚約中であることがわかるくらい大人気の指輪です。ダイヤモンドリングに関しては、最近いろいろなデザイン、セッティングが増え、選択幅がますます広がり、限りなく自分の理想に近いスタイルを見つけることができるようになっています。しかし、もう一つ、カラーストーンの指輪という魅力的な選択肢も忘れるべきではありません。ダイヤモンドの結婚指輪と同様になかなかの人気です。婚約指輪はふたりにとって、記念すべき最初のジュエリーです。だからこそ、ダイヤモンドはもちろん誕生石や星座石など、意味のあるカラーストーンまでじっくりこだわって選んではいかがでしょう? 石の種類以外には、自分に似合うデザインか、長〈使えそうか、予算の範囲内かなど、多方面から見極めることも肝心です。

宝石ことばを勉強する

どんな宝石にも必ず宝石ことばがあります。色々な本やネットで調べてみましょう。一つの石に、いくつもの宝石ことばがあることも。。婚約指輪をプレゼントされるときに、この石にはこんな意味があるんだよと、ふたりで確認してみると、愛の証しとなる大切な指輪への思いは、もっともっと増してくることでしょう。二人で勉強しながら指輪を見るのも楽しいですよね。

宝石の持つ「意味」を勉強する

誕生石、星座石、宝石ことばなど、宝石の持つ意昧はいろいろなものに分類されています。宝石の意味もせっかくだから調べましょう。ジンクスのようなものだけど、どこかロマンティックなこんなサブ情報を含む指輪なら、選んだ指輪がほら、ますます大切に思えてきます。

星座石で選ぶ

ヨーロッパて社交界にデビューするときに親から贈られる習慣があるというだけあり、古くから誕生石よりも星座右のほうが一般的です。実は、守護石としてのパワーもだんぜん強いとかいわれています。ぞれは運命を占う星座占いと同じように、占星術に基づいているからといわれています。

誕生石で選ぶ

生まれ月の宝石は、自分をあらゆるものから守ってくれる守護石の意味合いが強しそういった意味からも誕生石を婚約指輪に選ぶことは、以前からかなりポピュラーなことです。誕生石がどのように決まったかというと、旧約聖書に登場する12の宝石がその起源。しかし位置づけは世界共通ではなく、主要な部分はほぼ同じでも、国ごとに微妙に当てはまる石が違うこともあります。これも勉強してみましょう。

まずはいろいろ見てみる

まずは色々な婚約指輪と結婚指輪を見てみることが大事です。簡単にたくさんの婚約指輪や結婚指輪を見れるサイトをご紹介しておきます。アトリエミラネーゼというサイトです。福岡県のオーダーメイドの婚約指輪や結婚指輪のサイトです。是非、ご覧になってみてください。

おすすめサイト:結婚指輪の福岡アトリエミラネーゼ

婚約指輪と結婚指輪を選ぶのには充分な情報を集める必要があります。二人で宝石や指輪について楽しみながら勉強して知識を増やして理想の指輪を手にしましょう。